浮腫など

ハーバード医科大学の調査結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上ノンカフェインのコーヒーで代用すると、驚くことに直腸ガン罹患率を0.52減少させることができたのだ。
急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、細菌感染から来ている場合は凄まじい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度以上の高熱が出るのが通例だといえます。
脚気(かっけ)の症状としては、主に四肢がしびれるような感覚があったり下肢の浮腫などが一般的で、症状が進行すると、残念なことに、心不全を呼び込む可能性があるということです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えてタバコを飲む事・アルコールの常飲・体重過多等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスによって、殊更日本人に多く発病している病気だといえます。
BMIを計算する式はどこの国でも同じですが、値の評価は国単位で少しずつ異なり、JASSOではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と広報しています。
クシャミや鼻水、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散っている量に追従するかのように悪くなるという性質があると知られています。
チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の追跡調査の結果からは、成人に比べると体の小さな未成年のほうが漏れてしまった放射能の悪影響をより受けやすくなっていることは明らかです。
肥満(obesity)は当たり前のことながら摂取する食物の栄養バランスや運動不足が因子になっていますが、量の変わらない食事であれ、短時間で終了する「早食い」を続ければ脂肪過多に陥っている肥満の状態を招く可能性があります。
「肝機能の低下」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の数値でモニターできますが、特にここ数年肝臓の機能が低下している現代人の数がだんだん増えているということが注目されています。
もし婦人科の血液検査で事実上エストロゲンなどの分泌量が足りなくてPOFと分かった場合、足りていない分の女性ホルモンを補填してあげる医術で緩和が期待できます。
内臓に脂肪が多い肥満と診断されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、「血圧(blood pressure)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上に相当する様子のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と称しています。
過食、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的なストレス、老化というような多様な素因が集合すると、インスリン分泌が減少したり、機能が低下したりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、要するに輪っかのような円い形をした紅い発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚のトラブルの総合的な名前で、その病因は本当に多種多彩だということができます。
パソコン画面の青い光を軽減させる効果のあるレンズの付いた眼鏡が現在人気を集めている要因は、疲れ目の改善にたくさんの方が興味を持っているからだと考えられます。
道路交通事故や山での転落など、かなり大きな圧力がかかった場合は複数の場所に骨折がもたらされてしまったり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、酷い時は臓器が破裂してしまうこともあります。