異物

いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20〜30代の比較的若い男性に症例が多く、原則として股間の辺りにのみ広がり、全身運動をしたり、お風呂から上がった後など全身が温まった時に強烈なかゆみがあります。
くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛散する量に比例しているかのように悪化の一途を辿ってしまう傾向があると知られています。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の値で知ることができますが、ここ数年間で肝機能が衰えている日本人の数がだんだん増えているそうです。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常により現れる湿疹で、皮脂の分泌が乱れる因子としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのアンバランス、ナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な枯渇などが大きいと言われています。
薄暗い所だと光量が不足して見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに多くのエネルギーが使われ、結果的に明るい場所で物を眺めるより疲れやすいです。
侮ってはいけないインフルエンザに対応している予防法や処置というような基本の対策自体は、それが例え季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。
肥満の状態というのはあくまで食事内容や運動不足などが主因ですが、量は変わらない食事をとっていても、慌ただしく食べ終わる早食いをすることにより体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口からの出血に違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続く気道(呼吸器の一種)から出血することで、吐血というものは十二指腸よりも上の消化管から血が出る症状を表しているのです。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の数十年に及ぶ追跡調査の結果において、成人と比較して体の小さな未成年のほうが風に流されてきた放射能の有害な影響を一段と受けやすいことが分かります。
学校のような大勢での団体生活をしている中で、花粉症の症状のせいで友達と等しく元気に走り回れないのは、子どもにとっても辛い事でしょう。
もしも婦人科の検査で恐れていた通り卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回り早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと分かった場合は、その女性ホルモンを足す医術などで治すことができます。
植物栄養素とも言われるフィトケミカルの部類に入るスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の物質について、肝臓の持っている解毒酵素のスムーズな製造を促進しているのではないかという真実が判明しました。
春に患者が増える花粉症とは、森のスギやヒノキ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を招く病気として知られています。
アルコールを無毒化するという特徴があるナイアシンは、不快な宿酔によく効く成分です。嫌な二日酔いの因子とみられるエタナールという物質の分解に携わっています。
薬、酒に含まれるアルコール、科学的に合成された食品添加物などの物質を酵素によって分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と呼び、肝臓が果たすとても重要な務めのひとつです。