インフルエンザ

高熱が特徴のインフルエンザに適している予防テクニックや病院での治療など、このような必須とされる措置そのものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。
脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収されるのを促進する作用で有名であり、血液中の濃度を操作して、筋肉の動作を操ったり、骨を作ったりしてくれます。
演奏会の開催場所や踊るためのフロアなどに設置された非常に大きなスピーカーのすぐ横で大音量を浴び続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と言っています。
汗疱状湿疹は主に手の平や足の裏または指と指の間などにプツプツとした水疱がみられる症状で、広くはあせもと言われており、足の裏に出ると水虫と思い込まれることが結構あります。
基礎代謝量は就寝中ではない覚醒状態で命を維持する(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)ために外せない最も小さいエネルギー消費量のことなのです。
吐血と喀血、両方とも口腔からの出血ですが、喀血の方は咽頭から肺を通る気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る病状を表します。
現在、若年層で結核(けっかく)に抗する免疫(抵抗力)を保有しない人達が増加したことや、自己判断のせいで診断が遅れることが主因のアウトブレイクや院内感染が多くなっているようです。
アルコールをクラッキングする働きのあるナイアシンは、不快な二日酔いに効果的な成分です。苦しい宿酔の根源物質とされている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に関係しているのです。
お薬やアルコール、化学調味料を始めとした食品添加物などの物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒と称しており、肝臓が果たしている非常に重要な役目の一つだと言えるでしょう。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに平成24年9月以降は任意接種ではなく定期接種病院などで注射するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わりました。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢など様々な誘因が組み合わさると、インスリンの分泌量が低下したり、機能が鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症します。
脳内のセロトニン神経は、自律神経の調節や痛みの鎮圧、様々な分泌物質の覚醒などを司っていて、単極性気分障害に罹患している方では動きが低下していることが広く知られるようになった。
普通なら骨折はしない程度の僅かな圧力でも、骨の限定された部分に複数回にわたって切れ目なく力が加わることで、骨折に至ることがあるので気を付けなければいけません。
高血圧(hypertension)の状態が長期間継続すると、体中の血管に強い負荷がかかった結果、全身至る所の様々な血管にトラブルがもたらされて、合併症を招く公算が高くなると言われています。
めまいは診られないのに、長く続く耳鳴りと難聴の症状だけを何度も発症する症例の事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」と診断するようなケースもあることは意外と知られていません。