ラーメンと餃子

館林はうどんやラーメンが美味しいことで知られている。

11月7日は、館林ダークダックス音楽記念館で、ゲタさんの誕生日祝いが行われるということで、出かけてきた。
館林に以前、いっしょに仕事をしたことがある女性がいることを思い出し、電話をしてみた。
最近、いろいろゴタゴタがあったそうだが、久しぶりに会いたいということで、出てきてくれた。
10:30ごろ着いたが、どこか麺類でも食べようということになり、美味しい手打ちラーメンのお店を知っているということで、案内してくれた。
それはピッコロというお店で、昔から地元の人に愛されてきたということだが、隣に新しい若い人向きのラーメンが出来ていた。

しかし、味をよく分かっている人は、このピッコロに来るそうだ。
頼んだのは、ラーメンと餃子だ。
出てきたラーメンは、手打ち麺ということで、太い縮れ麺が特徴で、刀削麺にも似ている。
スープは、昔ながらに鶏がらでダシを取ったもので、あっさりしてるけどコクがあるという、れんぞう好みのものだ。
チャーシューも肉の香りと食感が良いもので丁寧に手作りされた物だということが分かる。

餃子は宇都宮餃子の流れをくむ、ニラがたくさん入った物で、中には肉汁が詰まっていた。
食べ応えも抜群、ラーメンと餃子だけで、十分満足できるものだ。

店内に入るとき、おばさんに「美味しいという評判を聞いて愛知県から来たよ」と言ったら喜んでいた。