大手の企業

会社を選ぶ観点は2つで、片方はその会社のどのような所に心をひかれたのか、2つには、自分がどういった仕事をして、どういった充実感を手中にしたいと想定していたのかという所です。

ある日突如として大手の企業から「あなたに来てほしい」などという話は無茶な話です。内定を少なからず出されているような人はそれだけ数多く就職試験で不合格にもされていると考えられます。

「魅力的な仕事ならどれほど過酷でも辛抱できる」とか「自己を成長させるために無理にもハードな仕事を見つくろう」とかいうエピソードは、割とよく耳に入ります。

【応募する人のために】面接選考では不採用になったとしても自分のどこが評価されなかったのかという部分をわざわざ伝えてくれるような懇切な企業はまずないため、求職者が直すべき点をチェックするという作業は難しい。

なんといっても成長している業界の企業には、素晴らしいビジネスチャンスがとてもたくさんあって、新規に事業を始めるチャンスもあれば、子会社や関連会社を設立したり大事な事業やチームなどをまかせてもらえる可能性が高くなることが多いのです。