アホな段取り

こんなもん自国の戯言でやっといてくれ!

クソ暑く湿度の高い米国でキャンプして

本番では朝夕の寒いイトゥでキャンプ

着くなり風邪を引き掛ける体調不良者続出で

試合は北東部&パンタナールという酷暑&大湿気地帯

こんなアホな段取りで挑むチームが勝てる訳ないがな!

ブラジルの地名で動いてただけで、現地を闇金対応調査しないのは

日本人ブラジル移民時代からの伝統か?

自惚れから世界を馬鹿にした結果、ボロクソにやられました

自分より弱いチームの2軍とやって攻撃力を発揮してただけで

コッパに出るチームの実力を馬鹿にしてただけさ~

現役を引退する時を今にしたくない為に代表に残って

38歳現役という亀で戦いたい、って何処まで馬鹿なんや?
「自分達のサッカー」と言う言葉、選手のインタビューでよく聞かされますが、あまり感心できない言葉だな、と個人的には感じています。

少なくとも私の周りでは「自分なりの~ができなかった」と言う人って大概、根本的な実力が明らかに不足しているのにその自覚がない人なもので。
「実力派充分あるのに、本調子じゃなかったから勝てなかっただけ」とでも言いたいのかな、と思ってしまいます。
「自分たちのサッカー」が出来たギリシア戦は相手が1人少ないのに勝てませんでした。
言い訳ワードとして定着させたのに、それすら通用しないのを自ら証明して見せる。
ゴチャゴチャ言わなくても得点力が在るチームならゴールを狙いまくってますね。
世界ランキング3桁の相手には桁違いに強いのに、2桁や1桁には意味ナシ、言い訳で逃げ切って4年後には何の反省も技術アップも無く再び登場するみたいだよ。