愚息と呼びたいと思います。

それは全て1シーンのやり取りで終了します。

臨場は殺人現場の状況を徹底的に調査し、仏が自殺なのか?他殺なのか?犯人は誰なのか?を調べます。

刑事ドラマは動機から推理をし犯人を探し、鑑識は証拠は裏付けにすぎません。

しかしながら、臨場は物証から推理をし犯人にたどり着きます。

内野演じる倉石検死官は、能力はあるがぶっきらぼうで型破り、犯人の特定を巡って刑事達と対立する事もしばしば。

こんな駄文じゃ伝わりませんが、内野聖陽の底力が見られるドラマの一つが臨場です。
まずチャン・グンソクファンの軍足って呼ばないでという要望に応えたいと思います。

これからはチャン・愚息と呼びたいと思います。

これを読んで気に入った方もチャン・愚息と呼んでくれる方が増えてくれたらいいなと思います。

グンちゃんと書かれた日記より人数の検証の方が最近は増えています。

サクラを雇ったりした事実、MXテレビのアンケートなどを他の方がアップしているのを見る限り 愚息さんはそんなに人気がありません。